blog

コードトーンを覚えるヒント-完全5度

コードトーンは指板上の形だけでなく、しっかりと音名でも覚えることで非常に演奏に役に立ちます。
今回はコードトーンの中の「完全5度」の音を覚える際の小さなヒントを書いていこうかと思います。

ルートと完全5度の音は、実はほとんどの組み合わせが同じ色の鍵盤になります。
つまり、ルートが白鍵であれば完全5度の音も白鍵、ルートが黒鍵であれば完全5度の音も黒鍵となります。

言い換えると、
ルートに#,♭が無ければ完全5度にも#,♭は無い
ルートに#が付いていれば完全5度も#が付く
ルートに♭が付いていれば完全5度も♭が付く
と言えます。

例外となるのはルートがBとB♭の場合だけであり、
B-F#
B♭-F
の組み合わせとなります。

つまり、Bとその♭からの完全5度以外は、C,D,E,F,Gと指折り数えていき、#♭を統一すれば簡単に探すことができます。
このことを知っているだけで、少しですが覚えやすくなるので、完全5度の音を探したり覚える際は意識してみてください。

-blog

© 2021 小笠原ギター教室